インドネシアでのビジネスは難しいのか【結論】小さな仕事で相手を試そう

Indonesia

インドネシアでのビジネスを行っていると、商習慣や文化の違いからはじまり、突発的な法規制の設置や変更など、日本では考えられない環境の中で仕事を進めることになるので、予定通りに物事が進むことはほとんどありません。

現地で仕事をしている日本人、特に自分でビジネスを展開されている方インドネシアでのビジネスが難しいと言います。騙されたりして痛い目を見たのは二度や三度ではない、とも言います。

一方で、大変な時に助けてくれるインドネシア人も多くいます。
こんなときに少しでも役に立つと思われる事をまとめていきたいと思います。

小さな仕事で相手を試す

インドネシアでビジネスをしていると、色々な人を紹介されます。ビジネスを展開する上で重要なのは、信頼できるパートナーを探すことが挙げられますが、最初の関門として信頼できるパートナーを見つける事が難しいです。

インドネシアの経営者は、出来ない事をすぐ出来ると言います。そして、突き詰めて本当にできるか確かめると、やっぱりできませんとあきらめる人も多いです。

これは、多くのインドネシア人経営者があてはまるのですが、初めて会った人でも、親切に色々案内してくれて、すぐにビジネスをやろうと言ってきます。

こちらが日本人だからという事も大いに関係します。

彼らは、日本との関係でビジネスが簡単にできると考えている人も多く結構勘違いしていることも多く見受けられます。また、日本人がリードして、良いビジネスにしてくれると思っている経営者もいます。

インドネシア人の性格として、できないことをすぐにできると言う、またノウハウやネットワークだけ持って逃げるという状況が起きることも数多くあります。

ビジネスにおいて、インドネシア人の経営者をすぐに信頼することは、非常に難しく見極めが困難です。

そのような中で人を見極める具体的な方法論として「小さな仕事から開始する」ことから始めてみることをお勧めします。

インドネシアで一番大変なことは信頼できるパートナーを探すことであり、信頼できるかどうかは実際に仕事を進めてみないとわからないからです。

確かに仕事をしていると、細かいところに相手の性格が出ます。さらに追い込まれた状況になるとその人の本性が見えてきます。

日本人はどうしても経歴や所属を重視したり、少し日本語を話せると心を許してしまったりしがちです。

本当に相手も自分と仕事をする気があるのであれば、小さな仕事からでも一緒に始めてくれるし、一緒に少しずつ仕事をしてみて、相手の性格を知ることが大切であると感じます。

インドネシアで仕事をするのであれば、まずは小さい仕事を任せてみることから初めてみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!