Travel

「海外の空港にも手軽なカプセルホテルがあればいいな」なんて感じたことのありますよね。 なんとメキシコシティ空港には、日本式カプセルホテルがあるのです。 トランジット前にちょっと仮眠したい。深夜や早朝便の前にシャワーを浴びたい。大きな荷物預けたい・・・などの要望にぴったりの場所です。

Travel

サンミゲル・デ・アジェンデのシンボル 一番の見どころで、中心に位置する街のシンボルがサンミゲル教区教会、通称パロキア教会(Parroquia)です。 パロキア教会は、街の守護聖人である大天使ミカエル通りにちなんで名付けられました。

Travel

サン・ミゲル・デ・アジェンデはメキシコの中央高原北西部にある都市、グアナファト州にあるコロニアル建築の歴史的建物が立ち並び、美しい景観を持つ事から観光地として人気です。標高1870メートルの湿地帯近くの丘であった場所に造られた町であるため、坂がお多く、人口は18万人の小さい街です。

Travel

フリホレス(スペイン語:frijoles)は、インゲンマメのことです。 古来からメキシコでは、トウモロコシとインゲンマメが伝統的な主食作物でした。 インゲンマメ(主に赤または黒色の品種)を塩味で煮たもの、あるいはそれとつぶしてペースト状にしたものが最も基本的な食事の骨格を成してきました。

Travel

メキシコ渡航で楽しみは、本場タコスを食べる事。 到着したその夜、早速近くのタコス料理屋さんに連れていってもらいました。 最初は、地元メキシコ人の言うことを聞きながら、全ておまかせで頼みます。「トルティーヤ」は、小麦粉とコーンの2種類あるらしく、食べやすいのが小麦粉の方。コーンは旨いが、消化に悪く、たまにお腹を壊すそうです。

Travel

成田発が、16時45分発、メキシコシティ到着が、同日15:30着 12時間45分の飛行時間となります。日本とメキシコの時差が14時間あって、不思議な感覚ですが、飛んでいる間もずっと、16時の時間とともに飛行していく事がわかります。途中日付変更線を通るので、厳密には違うのですが、なんとなく時間が止まっている感覚です。

Travel

今年3回目の海外は、2月以来8ヶ月振りとなりました。行き先は、初のメキシコです。コロナ禍で出張を控えていましたが、11月の展示会に向けた打ち合わせで、どうしても現地視察が必要なので、出張を決定。

Travel

明日から8ヵ月ぶりに海外へ行きます。行き先はメキシコ中部の世界遺産の街。 グアナファト州サンミゲルアジェンデに向かいます。

Makassar

流れ落ちる水しぶきや、ひんやりと涼しい空気を感じられる滝。ただ見ているだけなのに、なぜか心が落ち着く…そんな経験をしたことはないでしょうか。実は滝には、私たちの心を浄化する嬉しい効果があるのです。

Makassar

マカッサルは、インドネシアの中でも、最も新鮮で魚がおいしい街です。マカッサルのある南スラウェシ州は、周りが海に囲まれており、様々な魚が水揚げされる、好漁場が近いことも要因です。マカッサルでは、街中で、イカンバカール(魚焼き)の店があり、魚好きの人々を虜にしています。