Makassarに関する記事一覧


Indonesia Makassar

フォート・ロッテルダムは、インドネシアのマカッサルに位置する歴史的な要塞であり、同市の象徴的なランドマークの一つです。この要塞は16世紀にオランダ植民地時代に建設され、現在もその歴史的な価値を保っています。スラウェシの歴史と文化を深く理解するための重要な場所であり、訪れる価値のある観光地となっています。

Indonesia Makassar

新しく開通したスラウェシ鉄道での旅は特有の風景と共に独特な鉄道体験を提供しますが、乗車するまでが通常の鉄道とだいぶ勝手が違います。ここでは、スラウェシ鉄道に乗るための詳細な手順、切符の購入方法、そして駅へのアクセス方法について、マニアックすぎる乗り方を解説します。

Indonesia Makassar

インドネシアのスラウェシ島に2023年に開通したスラウェシ鉄道について詳しく解説します。スラウェシ島の地理的特徴、交通の課題、鉄道プロジェクトの歴史と開発、現状と将来性、地域経済への影響、技術的詳細を掘り下げ、鉄道がもたらす変革と地域発展の新たな鍵としての役割を明らかにします。

Indonesia Makassar

インドネシアは約90%の国民がイスラム教を信仰しており、アルコールに対する規制が厳しい国の一つです。ジャカルタやバリなどの観光都市ではお酒が自由に楽しめる一方でマカッサルではイスラム教の厳格な影響が色濃く反映されています。アルコールを提供しているレストランも少数で地元の文化や習慣が色濃く反映された市場状況が存在します。

Indonesia Makassar

マカッサルにあるThe Rinra Makassarは、Phinisi Hospitalityが運営する豪華でユニークなホテルで、マカッサルで最も高級なホテルの一つとして知られています。リンラホテルでブカプアサを体験しましたのでお伝えしたいと思います。

Indonesia Makassar

南スラウェシ州マカッサルに位置するパンタイ・インダ・ボソワ(Pantai Indah Bosowa)は、息をのむような美しさのビーチです。自然そのままの風景、清潔さ、そして穏やかな波が、訪れる人々を魅了します。

Indonesia Makassar

ラマダン期間中は、1ヶ月間にわたり、日の出から日没までの約14時間、飲食を一切せず、水やジュースなどの液体の摂取も含めて断食します。インドネシアでは、この期間を「プアサ」と呼び、日の出と共に始まる朝食「サフール」で一日が始まり、日没後には「ブカ・プアサ」として知られるイフタールで断食を終えます。

Indonesia Makassar

バンティムルン・ボルサラングは、「蝶の王国」として知られています。ここでは、多種多様な蝶が生息しており、流れ落ちる滝と豊かな緑が、自然との再びのつながりを感じさせ、インドネシアの野生動物の美しさを目の当たりにする魅力的な日帰り旅行を提供します。今回は、マカッサル近郊にある蝶の谷、バンティムルン自然保護区をご紹介します。