Airplaneに関する記事一覧


Airplane Indonesia

マカッサルからバリ島、そして今回2度目の乗り継ぎフライトであるバリ島からシンガポールへの移動は、ボーイング787-10ドリームライナーというシンガポール航空の誇る革新的な機体によって実現しました。この機体は、航空業界でのその快適性と環境性能において、先駆者としての地位を確立しています。そのため、たとえ空の旅がわずか2時間であっても、そのすべてが特別な体験へと変わります。

Airplane Indonesia

朝一番のシティリンク便でマカッサルからバリ島へと向かい、予定よりも15分早い、朝の6時40分に到着しました。バリ島特有のさわやかな青空の下、心地よい空の旅が幕を閉じました。早朝の到着だったため、国内線ターミナルは静寂を保ち、私たちの便からの乗客だけがその静けさに包まれていました。この穏やかな時間帯の特権を享受しながら、荷物を迅速に受け取り、次なるステージへと進む準備を整えました。

Airplane Indonesia

インドネシアの待ちに待ったレバラン休暇を利用して、一時帰国の旅が始まりました。まず、朝一番の光が地平線に触れる前の静けさの中、バリ島へと向かうシティリンクの便に乗るため、夜明け前の3時に起床しました。サフール(断食前の食事)を告げる呼び声とサイレンが遠くで鳴り響き、その神聖な雰囲気の中で準備を始めます。家を出る時刻はまだ星が空に輝いており、周囲は静寂に包まれていました。

Airplane Indonesia

バンコクのドンムアン空港を出発し、バリ島のデンパサール空港を経由して、インドネシアのマカッサルへと向かう旅。国際線から国内線への乗り継ぎ、そしてバティックエアでの移動経験をご紹介します。

Airplane Indonesia

バリ島の魅力に満ちた滞在を終え、再び日常へ戻るため、マカッサルへのフライトを控えていました。通常、このルートでは予期せぬ遅延が多いライオンエアを利用するため、少しの緊張と期待を胸にデンパサール空港へ向かいました。しかし、今回は異なりました。ライオンエアの便が定刻通りに出発するという、驚きの展開になりました。

Airplane Indonesia

バリ島への旅立は、マカッサルの静けさを抜け出し、シティリンクQG343便でデンパサールへと向かうというものでした。このフライトは、マカッサルからバリへ最も速く到着する方法で、朝の5時25分に出発し、たった1時間半でデンパサール空港に着陸します。

Airplane Indonesia

インドネシアは多島海に点在する壮大な自然美と豊かな文化の宝庫です。その中でもバリ島は、「神々の島」と称され、世界中から旅行者を魅了し続けています。マカッサルからこのバリへ向かう旅は、ライオンエアを通じて経験しました。

Airplane Indonesia

ジャカルタ・スカルノハッタ空港からマカッサルに向けて出発します。ガルーダインドネシア航空の国内線で移動することになりました。搭乗の様子をお伝えします。

Airplane Indonesia

成田空港からジャカルタに向けて出発の時間となりました。今回も事前予約席である、エコノミークラスの最前列の広々とした座席で移動していきます。期待を胸にしながら2024年のインドネシア渡航が始まります。

Airplane Indonesia

スカルノハッタ空港での最後の搭乗は、日本への帰国便となりました。定刻に出発したJAL720便での快適な空の旅についてお伝えします。