インドネシア・ジャカルタ・スカルノハッタ空港ホテルのご紹介【ホテル・オーチャード・バンダラ】

Indonesia

早朝便で利用に便利

ジャカルタから日本に戻る早朝便(ANA836 6:20発、JAL720 6:35発)を利用する場合、空港チェックインの時間を考えると、4時30分には到着しておきたいと思います。朝3時には起床して準備して4時出発となると、ジャカルタ市内から空港まで早朝なので、渋滞もなく1時間以内では到着できますが、途中のトラブルを未然に防ぐためには空港近くのホテルに宿泊するのが安心です。

スカルノハッタ空港ホテル

そんな時、前泊として空港近くのホテルに宿泊したいと考えるのですが、朝早くチェックアウトしてしまうので、寝るだけの設備で十分なため、高級なホテルに宿泊する必要もありません。かといって、スカルノハッタ空港のターミナル3には、カプセルホテルもあるのですが、ちゃんとした個室で過ごしたい気持ちもあります。空港近くのホテルを何件も利用してきましたが、最近はホテル・オーチャード・バンダラを利用する事が多いです。

ホテル・オーチャード・バンダラの場所

スカルノハッタ空港の東にあり、ホテルまでの距離は3Km程度と近いのですが、真ん中にジャカルタ市内へ行く高速道路があるため、ちょっと遠回りしてホテルに向います。空港からブルーバードタクシーを利用して15分で到着します。タクシー料金は、空港チャージ込みで40000Rp(300円)程度です。

室内設備

部屋の広さも21㎡あり1人で使用するには十分な空間です。設備はシンプルですが、大きなキングベットと、作業デスクと薄型テレビがあり、Wi-Fi速度も早く、パソコン事務作業もはかどります。シャワーも熱いお湯が勢い良くでるので快適です。これといって特徴はないのですが、寝るだけの環境では十分です。

モーニングコール

どうしても朝早いので、ホテル側も飛行機の乗り遅れないように、モーニングコールで強制的に起こしてくれます。もちろん自分で目覚ましはセットするので起きる自信はありますが、出発20分前には必ず部屋の電話がかかってきますので、安心できます。電話のベルも大きいので寝坊する事はほとんどないでしょう。

朝食

朝2時から朝食が食べられます。今までは、1階のレストランにおいて、バイキング形式でナシゴレンやコーヒー、フルーツ等が食べられたのですが、先月訪問した際は、チェックインの際に事前に朝食を予約しておくと、出発前に部屋まで運んでくれました。もちろん無料です。

シャトルバス

空港までシャトルバスで送迎してもらえます。空港からホテルに行くのも、事前に連絡しておけば迎えにきてもらえるようですが、バスが来る時間を考えるとタクシーでさくっとホテルまで行ってしまうほうが早くて楽です。

ホテルから空港に行く際には、是非シャトルバスを使用したほうが良いです。午前3時から1時間毎に出発しますので、チェックインの際に予約をします。ジャカルタ発早朝便を利用する場合は、午前4時発を予約します。空港での手続きに慣れていれば午前5時発でも空港まで近いので十分間に合います。例えばチェックインに時間のかからないビジネスクラスチェックインカウンターを使用できるのであれば、午前5時出発でも大丈夫です。ターミナル1→2→3の順で停車していきますが、15分程度でターミナル3まで到着できます。

料金

日付や曜日によっても若干変わりますが、ホテル直接のHPですと、現在419,750RP(約3100円税サービス込)程です。Booking.comやagodaでも同じ様な価格です。設備面や朝食付き、シャトルバス込の価格と考えるとコスパは良いと感じます。

ホテルHP(予約もできます)

hotel orchardz bandara

最後に

設備面では多少古さも感じますが、よく手入れしてあり十分満足できるホテルです。スカルノハッタ空港の早朝便を利用する際は検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!