タグ:ビジネスが付いている記事一覧


Business

政府は11月1日より、海外への短期出張から帰国・再入国した日本人らについて、新型コロナウイルスの水際対策を一部緩和することを決めました。帰国後14日間の待機措置を条件付きで免除するようです。

Business 海外進出

「YOSHINOYA」日本で馴染みの看板がジャカルタ市内にも増えています。 もともと、日本食は世界的に人気のある料理です。 インドネシア市民も日本の味を愛している人が多くなりました。 インドネシアで一番成功している日系飲食企業はどこだろうと考えた時、私は間違いなく「吉野家」だと確信しています。

Business 海外進出

国際交流の目的とは国・地域・人種・宗教・信条・伝統・政治体制・社会規範等の境界を越えて人々が交わることで先入観や偏見から解放され、その結果として真の相互理解に基づいた平和的な共生社会を実現することにあります。

Business 海外進出

インドネシアの中間所得層は年々増加しており、2018年時点では68.4%と急増しており、富裕層約1.8%を含めると、約70%、1.8億人に達しています。今年2020年には、世界銀行では、インドネシアを上位中所得国に引き上げを行いました。

Business 海外進出

「NATO」=No Action Talk Only話は聞くが実行しない、の略語です。NATOは進出対象国の調査やヒアリングには熱心だが、進出・投資の具体化を決断しない傾向を揶揄した表現です。NATOと言われない様に、海外進出では試行錯誤しながら一歩ずつ前進して前に進みましょう。

Business 海外進出

今後インドネシアの所得が増えてくると、新たなサービスや商品が販売できる可能性が高くなります。そのようなインドネシアマーケットを狙うにはアーリーアダプターが重要な役割を果たします。

Business 海外進出

ビジネスにおいて個人が持つ能力を考えた時、国内で仕事をする事と海外で仕事をする際の求められる事は大きく異なります。そのため、個人も企業も海外展開する際は大きな苦労が避けられません。 海外展開で求められる能力や海外展開に向いている人材はどうあるべきかを解説します。

Business

一部の感染状況が低い国や地域で人の往来を再開することによって、感染の拡大の防止とそしてビジネス活動、経済の回復を開始しました。この両立を図っていくことで、感染拡大しないようしながら、検査と隔離をしながら経済を回す手段が広がってきています。

Business 海外進出

いよいよ海外事業の第一歩を踏み出すこととなります。しかし、ここからが始まりです。商売相手は海外にいるので、色々な点で注意が必要です。 日々のマネジメント、現地採用社員の労務、仕入れ先の確保、現地金融機関とのお付き合いなどこれからがいよいよ海外展開の本番になり、現地との密なコミュニケーションが必須となります。

Business Indonesia

日本がインドネシアにODAを始めて62年。2020年7月には世界銀行がインドネシアを上位中所得国として認定した。日本がODA対象の基準にしている一人当たりの国民総所得(GNI)も大幅に上昇しており、インドネシアは確実に経済成長しています。 ンドネシアが今後、日本と中国でどちらの関係性を重要視していくのでしょうか。