(2020年最新)ジャカルタ・ショッピングモール(デパート・百貨店)まとめ!

Indonesia Travel

経済発展が著しいインドネシアの首都ジャカルタには多くのショッピングモール(デパート・百貨店)があります。ショッピングモールでは、最新のインドネシアフードやアパレルに出会えます。ジャカルタに行ったら是非訪問してみてください。買い物はもちろん、お土産探しにもおすすめです。

①Matahari Department Store(マタハリ)

1958年に子供用品店としてスタートし、インドネシア最大の百貨店チェーンになった。インドネシア76の都市で153店舗を展開している。
PT. Matahari PutraPrima社が運営されている。近年ではMATAHARI.COMを通じてオンラインショッピングの運営にも力を入れている。

②SOGO(ソゴー) 

日本の百貨店そごうがライセンサー(商標貸与)としてインドネシアに「SOGO」を展開している。インドネシアでは、1990年にジャカルタで1号店がオープン。7つの都市で17店舗を展開している。

③Parkson Centro (パークソン セントロ)  

2013年に初出店した、アジアでデパートを展開するParksonが、同じくデパートを展開しているCentroを 吸収する形で規模を拡大した。マレーシア、ベトナム、ミャンマーなどにもデパートを展開していることで知られる。2014年に開店したLippo Mall Puri内のParksonが有名。

④Kota Kasablanka (コタカサブランカ)

2012年にオープンした大型デパートである。広大な敷地にはショッピング以外にもコンドミニアム、オフィスビル、コンベンションホールなども併設されている。

⑤Grand Indonesia (グランドインドネシア)

ブンダランHIのジャカルタ中心部にある市内で最も有名な場所に位置にあり、2007年にオープンした大型ショッピングモールです。ウエストモールとイーストモールがスカイブリッジで結ばれている。高級ホテルやアパートメントを併設しているほか、ショッピングモール内数多くのブランドショップがあります。

⑥Sarinah Department (サリナ・デパート)

日本の戦後賠償で建てられたインドネシア最初の百貨店。1962年にスカルノ大統領の発案で建設が開始され、1966年にオープンした国営のデパートである。営業開始から55年が経つ老舗のデパートで、中間層や庶民にも人気がある。2020年から改修工事が行われる計画です。

⑦Plaza senayan (プラザスナヤン)

プラザスナヤンは1996年にオープンした。メトロデパートと日本大手のそごうが出
店している。中央ロビーに大きな柱時計があることで有名である。

⑧Pacific Place (パシフィックプレイス)

2007年にジャカルタにオープンした高級志向、ハイブランドを中心とした百貨店。
高級ホテルのリッツカールトンやオフィスビル、アパートメントも併設されている。

⑨Gandaria City (ガンダリアシティー)

インドネシアを代表するPT. Artisan Wahyuが2010年にジャカルタにオープンさせた大型ショッピングモールである。
モール内には400以上もの店舗があり、オフィスビルやマンション、ホテルも併設された複合施設になっている。

⑩Galeries Lafayette (ギャラリーラファイエット)

ギャラリーラファイエットはフランス大手の百貨店である。2013年にインドネシアに店舗をオープンした。なお、インドネシアのこの店舗はギャラリーラファイエットグループにとってアジア初の店舗である。高級志向の百貨店である。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!