インドネシアのトイレ事情と使い方

Indonesia

日本には、自動開閉式トイレや最先端のウォシュレットトイレがありますが、日本に旅行に来た外国人の多くがそのトイレの技術に驚くといった話題をよく耳にします。

日本のトイレの特徴は、清潔さ。日本のトイレは、ほぼいつも綺麗です。日本人は、きれい好きとよく言われますが、確かにトイレはきれいだと感じます。

逆に、きれい好きの日本人が海外に行った時、海外のトイレ環境に困ってしまうことも多いようです。

インドネシアにいくと、日本とのトイレの違いに大きな差があるので、トイレの違いをご紹介したいと思います。

男子トイレの謎のノズルとカバー

インドネシアの男子用小便器には、大抵透明のプラスチックカバーが設置されています。最初は、飛沫が便器にはね返って床面に飛び散らないようにするためのカバーで、床面がきれいに保つものであると、ずっと思っていました。

この小便器の足元には踏み台もないので、身長の低い子供にとっては、このカバーの上からするのは不可能であるとの疑問もあります。

ついに、プラスチックカバー付きの男性用小便器の理由を知ることができました。

インドネシア人の行動を改めて観察すると、ズボンのいわゆる「社会の窓」を使わず、ベルトごと緩めてズボン&下着を下げて用を足す人が多い事に気が付きます。その様な人は、足元が異常に水で濡れている事も多いです。

ついプラスチックカバーばかりに目が向いてしまいましたが、本当に着目すべきは、小便器内の上部に見えている「細いノズル」だったのです。

便器を洗浄する際のボタンに連動して、細いノズルから水がちょろちょろ出てきます。普通は便器内を洗浄するのに内側から水がでてくるのですが、ノズルから水がでて、便器を洗浄するには変わっているなと感じていましたが、実は大きな間違いです。

通常、他人の様子を観察することはしませんが、便器の中に左手を突っ込んでなにやら洗っている仕草を見かけ、全ての疑問が解決しました。

この細いノズルの正体は、なんと「男性器を洗浄するための水が出てくるノズル」であることが解ったからです。つまり、男性用ウォシュレットという事になります。

通常ほとんどの男子は、小便の場合は、洗わずに終了しますがインドネシアの男性は清潔であることが言えます。

上部の細い管から水が出るので、そちらで洗浄し、洗浄の際に水しぶきが周りに飛び散らない様にするために、プラスチックカバーが設置さているという事になるのです。

飛散防止カバーがあっても、ちょっと間違うとズボンがびしょ濡れとなるのです。つまり、洗いやすく、ズボンを濡らさないようにズボンと下着を下ろします。

洗いやすいように、細いノズルは手前に湾曲していることも多いです。

伝統的なトイレの使い方

インドネシアではトイレットペーパーがない所があります。特に地方に行くとまだまだ、昔ながらの伝統的なトイレに遭遇します。
奥にある水槽の水を手桶や洗面器ですくって流します。水が勢い良くでる水洗式ではないので、手桶から水を何回も使いながら、奥においやる形となります。

右手で手桶を流しながら、左手でおしりをキレイにするのは、最初は抵抗がありますが、でもやる気になればできるものです。

ペーパーなど拭き取るものがないので、塗れたままになるのが欠点なので、ポケットティッシュを持っていくことをおすすめします。

そのまま便器内に捨ててしまうと、間違いなく詰まって大変な目に合うことになりますので、使用したペーパーは、ゴミ箱が設置されているので、そちらに捨てましょう。

インドネシアでは使用後にきれいに便器周りも洗い流す習慣があるので、床が水でびしょ濡れになっています。日本人の感覚ですと、床が濡れているのは不潔なイメージですが、インドネシアでは洗浄済みの証拠のようです。

ノズル付き大便器の使い方

高級ショッピングモールやホテルなどの大便器は、新しくキレイです。
大便器の横には必ず小型シャワーがついています。
インドネシア式のウォシュレットになります。

先端部分のレバーを握ると、水が勢い良く出てきす。インドネシアは常夏なので、温水などの設備は不要で常温の水となります。レバーの握り具合で、水の勢いが変化するため微妙な握り具合が大切です。

小型シャワーは必ず右側にあるので、右手でレバーを握り、腰をちょっと浮かしながら洗いましょう。小型シャワーがついているトイレには、トイレットペーパーも設置されている事も多いので、左手で直に洗うこともなく、きれいに拭き取ることも可能です。

タンク式で水の勢いがある便器では、使用後のトイレットペーパーも一緒に流せます。

シャワーの水圧加減と位置の調整が自在であるため、帰国後日本のウォシュレットが物足りなくなります。ついでにトイレ掃除も簡単にできるため、非常に便利です。

最近ですと、ウォシュレットのように噴水口が便座に取り付けられていて、手動で蛇口をひねると水が出るようになっている場合とがあります。

トイレの違いは宗教上の違い

トイレの終了後は、石鹸で手をきれいに洗いますが、イスラム教では左手は不浄の手とされ、右手で何でもこなします。

左手で食事はしません。左手で物を渡したり、受け取ったりすることも大変失礼なことになっています。逆にトイレ内では左手で用を足すのです。

実際に左手が汚い訳ではありませんが、宗教的な事を理解する上で大事なことであり、うまく手を使い分けている理解が必要です。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!