インドネシア 甘いお茶 ティーボトル 【Tehbotol (Sosro)】

Indonesia

名前に「テ(the)」(インドネシア語で茶の意味)とあるとおり、これはペットボトル入りのお茶です。インドネシアはジャスミンティーが有名で住民の間でもよく飲まれているらしく、お茶といえばこのジャスミンティーが主なのだとか。

甘いお茶

甘いお茶好きのインドネシアなので、ジャスミンティーにも甘い砂糖入りのお茶があります。どんなお茶にでも砂糖を入れてしまうインドネシアでは、なんとジャスミンティーにまで砂糖を入れてしまうのです。

甘いお茶と言うのが許せるかどうかによって評価は別れると思いますが、海外ではお茶が甘いというは普通のことです。グリーンティーと書いてあるから緑茶だと思って飲んだら甘かった、などよくある話です。

キンキンに冷やして飲む分には、個人的には甘いお茶というのもアリだと思いますが・・・。

くどい甘さはない

すっきり無糖でさっぱり飲みたい日本人の心とは裏腹なこの甘いお茶。きりっと冷たく冷やされていると、意外と飲めてしまうもの。それどころか、ジャスミンの香りが後を引き、どんどん飲んでしまっている自分に気がつきます。インドネシアは年中暑いので、多少、砂糖が入っていた方が、水分が吸収されやすいので、理にかなっているとすら思えます。

食堂で注文できる

インドネシアでは、この「ティーボトル」のビンタイプがよく見かけられ、食堂にたくさんの氷が入ったジョッキと一緒にドーンと出てきます。氷で冷たくして飲むと、意外とくせになる味で、グイグイ飲むことができます。

甘い甘いインドネシアのジャスミンティー、インドネシアに行ったら是非一度お試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!