一層厳しくなったインドネシア入国

Indonesia

インドネシア政府新型コロナウイルス対策ユニットは、年末年始の新型コロナウイルス感染拡大予防のため、12月19日から明年1月8日の間の国内外の移動に係る保健プロトコル強化に関する通達を発出しました。

この期間、外国からインドネシアへの渡航には、今まで到着後7日以内のPCR検査結果で良かったものが、到着前3日以内のPCR検査陰性証明書の提示に加え、到着時にも空港でPCR検査が行われるとされています。

国内旅行については、バリ島への入域、ジャワ島への入域及び空路及び鉄道によるジャワ島内の移動に当たり、新型コロナウイルス検査の陰性証明書が義務付けられるとされています。

より一層インドネシアへの入国やジャワ島、バリ島の移動に制限がかかるようになりました。

保険プロトコル内容

12月20日、インドネシア政府新型コロナウイルス対策ユニットは、年末年始の新型コロナウイルス感染拡大予防のため、国内外の旅行に係る保健プロトコルの徹底・強化を定めた通達を発出しました。

具体的な措置のポイントは、以下とされています。
(1) 実施期間
2020年12月19日~2021年1月8日
(2) 国内外の移動・旅行
マスク着用(鼻と口を覆うこと)、距離を保つこと、密を生じさせないことを義務付ける。
(3) 海外からの渡航
海外からの渡航者は、到着時に3日以内のPCR検査陰性証明書を提示し、e-HACに入力しなければならない。
インドネシアに到着後、検疫当局による体温測定、e-HACに入力された有効期間3日以内の健康証明書の確認に加え、PCRの再検査を行う。PCR検査の結果が出るまで、インドネシア人は政府指定の隔離施設で待機する。外国人は、政府が認定した宿泊施設で、自費で待機する。

日本からのインドネシア入国に際し、これまで7日以内のPCR検査陰性証明書提示のみが求められていましたが、これからは、3日以内に行われたPCR検査の陰性証明書の提示が必要となり、加えて、インドネシア到着後に追加的なPCR検査及び結果が判明するまでの待機が求められる可能性があります。

(4) 国内移動
空路でバリ島に入域する者は、出発前7日以内のPCR検査陰性証明書を提示し、電子ヘルス・アラートカード(e-HAC)に入力する。バリ島に陸路または海路で私有又は公共交通機関により入域する者は、出発前3日以内の迅速抗原検査陰性証明書を提示し、e-HACに入力する。

空路でジャワ島に往来する者及び空路又は鉄道でジャワ島内(州・県・市間)を往来する者には、出発前3日以内の迅速抗原検査陰性証明書の提示を義務付ける。また、鉄道以外の陸路で私有車又は公共交通機関を用いて移動する者には、出発前3日以内の迅速抗原検査を受検することを呼びかけ、e-HACの入力を義務付ける。

11歳以下の子どもは、PCR検査及び迅速抗原検査免除。

バリ及びジャワ島においては、迅速抗体検査でも可。

迅速抗原検査または迅速抗体検査で陰性・反応なしであっても症状がある場合、旅行は続けてはならず、PCR検査を受検して結果が出るまで自主隔離することを義務付ける。

インドネシアでは、今まで問題なかったルールが1晩で変わってしまい、戸惑う事も多くあります。現地での、情報を確認しつつ、適切な段取りを組む事でスムーズに事が運びます。

日本同様感染拡大が止まらない状況ですが、今回の新たなプロトコルで少しでも、拡大が収束する事を期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!