【インドネシア】ラマダン中も感染対策で大変!帰省できない規制!

Indonesia

13日からラマダンが開始され、断食を含む1ヶ月間のイスラム教徒にとって一番大事な期間となりました。一方で、インドネシアの感染者が減少しない状況もあり、政府としては、帰省を制限しつつ、ラマダン明けのレバランに向けて対策をしています。

レバランとは

ラマダンが終了した日となり、インドネシアの祭日のひとつです。今年は、5月13日と14日を設定しました。今年は、レバラン前日の5月12日も休みとなりますので、土日を含めると5月12日から16日まで5連休となります。

本来は、5月17日~19日までの3日間も有給奨励日として休みでしたが、昨年12月に長期休暇後の感染者急増を予測して、連休の短縮を行いました。

ムディックとは

インドネシア人は、ラマダン開けの休日レバランに、ムディック(Mudik)と呼ばれる帰省を行います。1ヶ月の断食が終了し、地元を離れて働いている人達が故郷に帰り、家族や親戚と集まり盛大にお祝いします。故郷の家族・親戚の家を訪問するだけでなく、お墓参りもするため、日本のお盆のようです。

帰省を規制!

インドネシアでは、ムディックで帰省する人は、約2,000万人とも言われ、レバラン前は、飛行機、鉄道、バスなどは売り切れになり、道路は大渋滞となるのが通例です。

移動による感染拡大を恐れたインドネシア政府は、5月6日から17日まで、一部の例外を除き、州や県、市を超える移動を禁止しました。この決定を受けて、物流を除く公共交通期間の運休や間引き等が行われるようです。

Armadaの有名な歌で、
「pulang malu, tak pulang rindu.」という歌があります。
「帰りたいが恥ずかしく、帰らなければ寂しい」。余裕のない姿を故郷の家族に見せるのは恥ずかしいが、久しぶりの休暇に家族に会いたいという意味だそうです。

「レバラン帰省」の文化は、インドネシアに社会的、経済的、心理的に非常に大きな影響を与えているということがわかります。

日本でも、例えば、「お盆に帰省を禁止」となった場合を考えると、いかに精神的に影響が大きいか理解できます。

故郷に帰って、家族に会えないだけではなく貧しい人に施しが出来ないなど、経済活動にも影響が出そうです。今年も帰省できない事で、昨年に続き寂しいレバランとなりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!