【インドネシア渡航】隔離中の食事 パート2

Indonesia

隔離ホテルでの食事ご紹介の2回目です。3日目から最終日までを一挙公開します。

3日目 朝食

ナシゴレン、焼き鶏(アヤムバカール)、テンペ炒め、たまご焼き、クルップ

テンペの味付けとしてアンチョビを使った、オレ・テンペ・テリ・メダン味です。ご飯が進む味付けです。

3日目 昼食

カツオフレーク炒め、揚げ豆腐、白ご飯、クルップ、野菜スープ

カツオの漁獲が有名なマナド名物のスパイシーカツオフレークです。ご飯にかけるだけで、カツオの風味たっぷりのふりかけのような感じになります。

3日目 夕食

牛焼肉(サテマランギ)、ゆで卵、白ご飯、クルップ

西ジャワのプルワカルタ名物のサテマランギです。香辛料たっぷりで甘めのソースで仕上げてあります。2016年に最高のストリートフードにも輝いたことがある料理です。牛肉が柔らかく仕上げてあり、甘くて香ばしい味付けでやみつきになりました。

4日目 朝食

黄色ご飯(ナシクニン)、鶏唐揚げ(アヤムゴレン)、ビーフン炒め、テンペ炒め、クルップ

本日は、おめでたいご飯でした!インドネシアで幸せを招く黄色いご飯「ナシクニン」です。インドネシアでは、黄色が幸運や繁栄を象徴するのです。アヤムゴレンとビーフン、テンペとすべてバランスが整った食事でした。

4日目 昼食

ビーフシチュー(スムルダギン・サピ)、揚げ豆腐、揚げテンペ、白ご飯、クルップ

スムルは、家庭料理として知られていて、インドネシアのスパイスで長時間煮込んだ料理です。甘辛く煮付けた料理は、ルンダンに負けない味です。

4日目 夕食

魚のフライ、バクソ入りチャプチャイ、オセンキキル(牛の足軟骨)、白ご飯、クルップ

オセンキキル(Oseng KIkil)
インドネシアで初めて食べました、キキルと呼ばれる牛の足の軟骨部分にあるコラーゲンたっぷりのコリコリ触感です。インドネシアでは、スープやサテなどに使用される食材のようです。最初クラゲのような触感でしたが、クラゲとは違う味なので、調べてしまいました。

5日目 朝食

バンドン風スープ(ソトバンドン)、コーンフリッター(パーケデル)、クルップ(ウンピン)、白ご飯

ソトバンドンは、白く透き通ったスープに、牛肉と春雨を井寺さっぱりスープです。ジャカルタに近いバンドンですが都市毎に名物ソトがあり、本場バンドンでソトバンドンを食べてみたいですね。

初日から2日目の食事の様子はこちらからどうぞ!

まとめ

今回の隔離中、14回の食事が提供されましたが、バラエティ豊かな料理ですべて美味しくいただきました。インドネシアの地方それぞれで味付けが違い、スパイス使い方が上手で、味付けと食材の豊富さとインドネシア料理の奥深さを感じることができました。

今まで自分の好みでインドネシア料理を選択していたので、食べた事がない料理にも出会えて楽しかったです。自動的に料理が提供されるスタイルですと、自分好みがなくなるので、新鮮でした。今回食べた料理を専門のレストランで食べたくなりました。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!