【インドネシア渡航準備】入国への不安

Indonesia

本日インドネシアまでの飛行機を予約しました。
日本航空729便です。夕方17時45分に成田出発してジャカルタに夜中の23時55分に到着する予定にしました。

ジャカルタには寄らずに、マカッサルまで乗り継ぎしますので、空港の外には出ない予定ですが、通常であれば2時間で十分国際線からの乗り継ぎができますが、入国前に色々な検査や質問や書類提出など何が起きるかわからない状態です。

今回ばかりは入国の際のイレギュラーを予想してインドネシア国内便をどうしようか、かなり迷いました。

ジャカルタ発マカッサル行のガルーダ・インドネシア航空は夜中の1時40分発があるのですが、2時間弱の乗り継ぎ時間では、到底間に合いそうもありません。その次は、なんと朝の5時5分発。空港で早朝まで待つよりほかありません。

ラウンジは夜中空いているのかこれもわかりませんが、空港内でなんとか過ごすしかありません。

今まで30回以上渡航していますが、今回ばかりはどうなるか読めません。事前情報として、インターネットで調べてはいますが、あまり渡航する人もいなく、情報が錯綜しており、なにが本当なのかわからない状態です。

ガルーダ・インドネシア航空のHPを見ると、

全てのご搭乗には健康状態申告書(HAC)の提出が必要です。
ガルーダ・インドネシア航空では、電子健康状態申告書(eHAC)での登録を原則としています。
ご登録はスマートフォンのアプリ(Android Play Store / Apple App Store)をダウンロードして登録するか、WEBサイトのInahacからご登録ください。

という記載があります。eHACは何?とWEBから入ってみると、なにやら登録する画面がでてきて、個人情報と健康状態を登録するようです。
日本語で登録方法が記載されていましたので、そのとおりに入力しました。

アプリも入れましたが、念の為印刷するとQRコード付きで印刷されました。
いちおう入国の際に見せられるようにしたいと思います。

また、入国の際の注意点として下記の記載があります。

入国にあたっての情報は予告なく変更される場合がございますので、必ず最新情報をご確認ください。
ご搭乗にあたっては、パスポートと搭乗券に加えて、以下のご用意をお願いします。

・医療機関が発行する英文の健康証明(迅速抗体検査、PCR検査共に陰性結果書面は取得から国際線は最長で7日間有効、国内線は最長14日間有効、ノビレのみ5日間有効)
・有効なビザおよび必要書類
・空港および機内ではマスクの着用をお願いいたします
スラバヤ及びジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港、デンパサール ングラライ国際空港から入国の際は、PCR検査の非反応性/陰性結果の記載のない健康証明のみでもご搭乗いただけます。到着後PCR検査を実施いただきます。
新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、国有企業(BUMN)の一員であるガルーダ・インドネシア航空とプルタメディカは共同で、ガルーダ・インドネシア航空をご利用のお客様にPCR検査と迅速抗体検査(Rapid Test)を有料でご利用いただけます。ご利用に際してはこちら(PDF 英語)

と現地でPCR検査が受けられる記載もありますが、

ジャカルタ到着後にインドネシア政府が求める迅速検査およびPCR検査を受けていただくこと、検査結果が陰性の場合でも指定された場所及びホテルなどで14日間の自主隔離への同意が必要です。

という脅しのような記述があります。

隔離ホテルがあるらしいのですが、どんなホテルなのでしょうか。インドネシア政府の監視下で隔離はかなり恐ろしそうな感じであります。

インドネシアですと、意外になんとかなってしまう場合もあるのですが、今回は万全に色々想定して渡航準備していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!