【インドネシア】活動制限規制がゆる~くなってきた!

Indonesia

ジャワ島、バリ島で発出されている活動制限(PPKM)レベル4ですが、8月17日から23日までの延長において、新しい規則を発表しました、新しい規則を見てみると少しずつ規制が改善していることがわかりました。制限規則の内容について見ていきましょう!

活動制限PPKMの概要

今回実施される活動制限レベル4ですが、通算5回目の延長となります。7月3日~7月20で始まった緊急活動制限から1回目7月25日まで、2回目8月2日まで、3回目8月9日まで、4回目8月16日までと小刻みに延長を重ね、5回目の延長は8月23日までとなります。

勤務関係

基本は100%在宅勤務ですが、一部金融機関(銀行、保険も含む)や、情報通信(携帯電話会社、郵便、メディアなど)、輸出志向産業などの会社は50%の出社で運用が可能となりました。
健康やセキュリティ、インフラ、流通、食品などの重要な事業を行っている企業は100%の出社が可能です。

スーパーマーケットは50%まで

日用品を販売するスーパーマーケット、伝統的な市場、食料品店、スーパーマーケットの場合、営業時間は 現地時間の20.00まで、収容人数50%までの制限で開店可能です。
屋台、食料品店、ランドリー、ワークショップは20.00まで運営されています 。薬局やドラッグストアの場合は24時間営業できます。

日用品以外の必需品を販売する人々の市場は 、現地時間の15.00まで、収容人数50%までの制限で営業可能です。

携帯バウチャーエージェント/アウトレット、理髪店/理髪店、ランドリー、など小さなワークショップ、車両洗浄など、現地時間の20.00まで営業可能です。

飲食は30分間OK!

屋台、露天商などは現地時間20.00まで、最大3人までで最大30分の食事時間で開くことができます。

オープンスペースにあるレストランやカフェは、現地時間の20.00まで、最大収容人数25%、1つのテーブルで最大2人まで食事時間30分間で営業可能です。
閉鎖された建物の中にあるレストランやカフェは、配達/持ち帰りのみを受け付け食事できません。

一番の注目は、食事時間の延長です。今まで屋台などでの食事は20分までとなっていましたが、10分延長して、30分までとなりました。これで、熱々の料理を急いで食べる必要もなくなりました!

モールは50%まで

ジャワ島内のモールなどのショッピングセンターは、10.00WIBから20.00WIBまで50%の運用が許可されています。 PeduliLindungのアプリケーションを使用して、ワクチン接種したかどうかの確認をする必要があります。

モール内のレストランやカフェでは最大25%の収容人数で1テーブル最大2人、30分以内の食事が可能です。

先は見通せるようになった

活動制限が延長となりましたが、ワクチン接種も進んでおり先が見通せるようになってきました。このまま活動制限が緩和して、早くいつも生活に戻れるようになりたいですね。もう少しの辛抱です。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!