【インドネシア渡航】定番バリ土産の殿堂!クリスナ(KRISNA)

Indonesia

バリ島クタに滞在しているアヤタナホテルの隣にバリ島のお土産屋「クリスナ(KRISNA)」がありましたので、お店の中を覗いてみました。

お土産選びが面倒

バリ島旅行に来てビーチやウブドでエンジョイしていて帰国が近づくと友達や会社用にお土産を買わないといけないと焦りだします。あの人には何のお土産にしようかと考える時間がもったいない、バリ土産品がまとめて安く買えるお土産屋があったらいいなと思う方は、定番バリ土産の殿堂であるクリスナで購入はいかがですか?バリ島土産が1箇所で全て揃ってしまうクリスナは最強です。

クリスナとは

クリスナ・オレオレ・バリ(Krisna Oleh – Oleh Bali)はバリ島内に複数店舗ある超巨大なバリ土産屋のデパートとなります。

元々インドネシアローカル向けのお土産屋さんですが、バティックや手工芸品、美味しいお菓子まで、地元バリの特産品が一か所で何でも揃うお店となっています。クリスナはヒンドゥー教の神様の名前で1994年に創業しました。

お店の入口でクリスナの像がお出迎えしてくれます。連日多くの観光客で賑わい、持ちきれないほどのお土産を買って出てくる人ばかりです。

とにかく安い

クリスナのお土産品にはすべて値札がついていて、とにかく安いです。お土産品というと観光客価格で通常の値段よりも高く設定してあるのが定番ですが、クリスナは値札が間違っているのではないかと思えるほどの安さです。

露天商などで買うと外国人というだけで値段をふっかけられ、値段交渉してもローカルが買うほど安くならずお土産を買いに来て嫌な思いをすることも少なくないのですが、クリスナではスーパーマーケットタイプなので全ての商品に値札がついているので安心して買い物ができます。まだまだ物価の安いバリ島内の街中でお土産を買うより断然安いといえるでしょう。クリスナの買い物客のほとんどが、インドネシアローカルの方が大量に買っている姿を見るだけで、ほとんどのお土産品の価格が底値なんだろうと思えます。ただ、安いだけあってクオリティも底辺なので、ある程度の割り切りは必要です。

とにかく品数が多い

クリスナに入ると巨大な倉庫のような店舗に大量陳列されたお土産品の数に圧倒されます。

今回訪れたサンロード店は大きなスーパーマーケットと同じ位の店内にびっしりとお土産品が並べられています。これだけの商品を仕入れ管理するのも大変だなと感心しますが、在庫も大量な上お客もたくさんいるので、店員さんが目を光らせてはいるものの盗難被害など大丈夫なのかと心配になります。

バリ島コテコテ土産

お土産選びは、バリ島に行った観光客が欲しいと思うコテコテの定番お土産が売っているかどうかが一番大事です。どんなに安くても品数が多くてもバリ島に関係ないものを売っていても興味がありません。サーフボードや、バリ島Tシャツ、サンダル、バリ石鹸などバリ島ならではのお土産が揃っています。

ちょっと笑っちゃうような物もあって商品選びも楽しめます。大切な人へのお土産品にならないものが多いので、あくまでバラマキ用のお土産品を探すといった目的になります。

クリスナ・サンロード店はこちら

 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!