【インドネシア渡航】隔離生活1日目終了!動けないのは地獄!

Indonesia

隔離生活1日目が終了しました。隔離生活がどんな状況なのかをレポートしたいと思います。

隔離中の注意事項

食事等が置かれる台

チェックイン時に、ホテルからの注意事項や連絡事項の紙が配られます。
内容は次の通りです。

  • 5泊6日間、割り当てられた客室に滞在する必要があります。滞在期間中は、来客や親戚に会うことはできません。
  • (インドネシア共和国の新型コロナ対応促進タスクフォースによる)PCR検査は、到着の翌日と出発の前日(検査受付時間は受付でお知らせします。)に行う必要があります。
  • PCR検査場は、ロビーにあり、IDR800,000/1回が課金されます。(隔離パッケージに含まれています)
  • 食事は1 日 3 食お弁当で提供され、客室の前のテーブルに配膳されます。
  • 07:00-11:00 朝食
  • 12:00―14:00 昼食、
  • 18:00-20:00 夕食
  • 外部からの荷物についてはすべて消毒された状態で部屋の前のテーブルに運びます。
  • 食べ物やその他の残り物用のゴミ袋を提供しています。客室の前に置いていただければ、ホテルのスタッフが毎日回収します。
  • 滞在中、部屋は掃除されません。
  • お部屋には、5 泊分のタオル、寝具、枕カバーをご用意しています。
  • リネンの変更はご自身で行い、使用済みのシーツ、枕、タオルは袋に入れて客室の前のテーブルに置いていただければ、回収します。
  • 追加の交換が必要な場合は、内線0のオペレーターに連絡してください。
  • 6日間分のミネラルウォーター、お茶、コーヒー、砂糖をご用意しております。
  • ルーム サービス・メニューは、内線 で注文できます。客室の前にお持ちします。レストランの営業時間は 7:00 ~ 23:00 です。料金はチェックアウト時に請求されます。
  • ランドリーは、客室の外のテーブルに置きます。ランドリーの受取時間は9:00、ランドリー返却時間は翌日12:00となります。
  • 客室での喫煙はご遠慮いただいております。
  • 隔離ホテル滞在中は、レストラン、バー、ロビー、プール、その他施設などのホテル施設を使用することはできません。
  • 客室の外に出る行為やホテルの施設を使用した場合は、カメラで記録されます。
  • 違反した場合、該当する制裁等が課される場合があります。
  • 隔離中は、オンライン等でのホテル外からの飲食の注文は禁止されています。

隔離が徹底

隔離部屋のベット

前回のレポートで空港から隔離ホテルまでのプロセスを報告しましたが、インドネシア政府も考えていて、うまく導線をわけて、一般の人との交差がないよう工夫していますし、消毒や食事の受け渡しも徹底しています。

東京五輪でも話題のこれが、バブル方式なのかと思うような形ができていますし、徹底しています。

パスポートがホテル預かりとなっているため、おのずと自由がきかない状態です。チェックアウト時に返却されるそうですが、パスポートを管理され隔離を徹底させることは、日本政府も見習うべきことのような気もします。

動けないのが苦痛になってきた

部屋の中で運動と言っても限度がありますので、たまに体操などで紛らわしますが、まったく続きません。

3回の食事が唯一の楽しみと思いきや、まったくお腹が空きません。なるべくお米を食べないようにして、カロリーを調整しているのに、どうしたものか。明日以降考えたいと思います。

壁の花の写真が癒されます

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!