Airplaneに関する記事一覧


Airplane Indonesia

15分位で安定飛行となり、シートベルトサインが消えると、カーテンが引かれ、エコノミークラスと区分けされた空間となります。12席あるビジネスクラスでも乗客2名しかおらず、飛行機のエンジン音も安定した低音になっているため、心地良い静かなひとときとなります。しばらくすると、早速ビジネスクラスのサービスが開始されます。 - パート 2

Airplane Makassar

マカッサルからジャカルタ間は1,400Km(891マイル)、日本で換算すると東京から那覇まで1550Km(966マイル)ですので沖縄移動よりちょっと短い位に相当します。 マカッサルからジャカルタまで純粋な飛行時間はちょうど2時間です。 - パート 2

Airplane

インドネシアでのコロナ感染者は急増を続け、とうとう10月29日時点で40万人を越えてしまい、総死亡者数は東南アジアで最も多い国となっています。 感染が収まらないインドネシアですが、インドネシアのフラッグ・キャリアのガルーダインドネシア航空とライオンエアもかなり苦戦しています。 - パート 2

Airplane Indonesia

日本からインドネシアに行くには、直行便であるJALかANAかガルーダインドネシアを選択すると思います。個人的にはずっとJALを利用していて今回はJALの話をしたいと思ったのですが、ガルーダインドネシアの羽田・ジャカルタ間の国際線を利用しましたので、その時の感想を踏まえ両社の違いを記します。 - パート 2

Airplane Indonesia Travel

シティリンクは、2001年7月に国営ガルーダインドネシア航空の低価格ブランドとして設立されましたLCC航空会社です。インドネシアの主要都市間での低コストキャリアとして拡大してきました。SKYTRAX社のベストLCCエアラインに選出されています。シティリンクがシェアを伸ばす理由はなんでしょうか?理由を解説します。 - パート 2

Airplane Indonesia

バティックエアはすべての座席に個人用モニターを設置し、機内食を無料で提供したりするなどといったワンランク上のサービスを行っています。格安航空会社が運営するフルサービスキャリアとしてはバティックエアが世界初とのことです。今回マカッサルからスラバヤまで搭乗してみました。 - パート 2

Airplane Indonesia

インドネシアは17000もの島国で交通インフラとして飛行機移動が欠かせません。ATR機はその要望に一番適した機材であり、ウイングエアは、ATR72を60機以上保有し、主要空港と地方空港を結んでいます。 - パート 2

Airplane Indonesia

737-900ERはインドネシア最大LCCであるライオン・エアはこの機種をメインに飛ばしています。737-900ERのローンチカスタマーとして最初の機体をライオン・エアが2007年4月に受領しています。今の所、900ERは使い勝手が悪く、エアバスA321に負けている状況です。 - パート 2

Airplane Indonesia

インドネシアの玄関口であるジャカルタの スカルノハッタ空港で手荷物預ける方法を解説します。 - パート 2

Airplane Indonesia

インドネシア最大の空港である、ジャカルタ・スカルノハッタ空港のターミナル間移動はスカイトレインによってだいぶ楽になりました。 - パート 2