【インドネシア渡航】バリ・デンパサール空港で飛行機搭乗に間に合った!

Indonesia

Tギャラリア・モールからデンパサール空港までの移動で大渋滞に遭遇しバイクタクシーで空港にいくことになりました。空港での慌てぶりをお伝えします。

空港外に到着

モールからバイクタクシーを使って渋滞を回避しながら16時にデンパサール空港まで到着しました。すでに時間は16時を過ぎています。空港に到着したといっても、出発ロビーの前までバイクに乗っていける訳ではなく、あくまでも空港外にある空港で働く従業員たちの空港入り口エリアに到着したに過ぎません。

ここから国内線の出発ロビーまでは、さらに歩いて移動する必要があります。入り口から駐車場を抜けてターミナルまでは、今回のバリに到着した際にもこのルートを通っているので、迷わずに移動は可能ですが飛行機の動向が気になります。アプリの情報だけを頼りに搭乗予定の飛行機が遅れているだろうとの前提で空港まで移動しているので、空港のフライト情報を見てみないと確信が持てません。

間に合った!

大汗をかきながら、国内線出発ロビーに到着しました。すぐにフライト情報を確認するとマカッサル行きライオンエアJT3742便を探すと本来の出発時間は15時40分ですが、Late Arrival16:30の表示がでています。今の時刻は16時10分ですので、まだ搭乗予定の機材がバリに到着していませんでした。

1時間以上遅れて運行していてなんとか搭乗時刻前に間に合ったことを確認することができました。一息つきながら、すでにWEBチェックインを済ませてあるので荷物検査を受けて空港内に入っていきます。ライオンエアの遅れにいつも文句をつけていますが、今回ばかりは遅れてくれたおかげで助かった形になります。モールでお土産を買う時間もなく、慌てて空港まで移動してきたので、空港内でお土産を買う時間も確保できてしまいました。

バリの渋滞には注意

休日など夕方のデンパサール空港付近の道路は渋滞が激しいため、バイクで移動という荒業で今回は回避することができましたが、大きな荷物を持って車で空港に移動していたら飛行機搭乗に間に合わないという事態が起きるということになります。空港には搭乗2時間前には到着できるような余裕を持った行動が大事なんだと改めて自覚することになりました。観光客が戻りつつあり、空港への道路渋滞にも考慮しながら行動する必要がありそうです。

 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!