【インドネシア】朗報!入国時の隔離期間が5日間に短縮予定!

Indonesia

アイルランガ経済調整相は10月7日の会見で、海外からインドネシアに入国する際に義務付けている8日間のホテル隔離期間を5日間に短縮することで調整に入った事が明らかになりました。バリ島外国人の入国開放の10月14日までに隔離期間短縮となるのか注目です。

入国者のホテル隔離を短縮検討

インドネシアの政府の計画によると、インドネシア入国の際の検疫期間が8日間と定められていますが、5日間へと3日短縮する事で調整に入ったとのことです。

変更時期に関しては、現在準備中で関係省庁との調整が終わり次第発表される見込みです。

新規感染者は1,300人台を推移

10月7日の最新の新規感染者数は、1,393人とかなり少なくなってきており、10月1日から7日までの1週間平均でも1,340人と2020年6月水準まで低下しています。

日付新規感染者トータル感染者数
2021-10-011,6244,216,728
2021-10-021,4144,218,142
2021-10-031,1424,219,284
2021-10-049224,220,206
2021-10-051,4044,221,610
2021-10-061,4844,223,094
2021-10-071,3934,224,487

さらに、ワクチン接種も進んでおり10月7日時点の1回目のワクチン接種者が、9,688万人となっており来週にも1億人に達する見込みとなっています。

バリ島やリアウ諸島を開放予定

さらに感染状況が下がった観光の島々の状況を見て、開放へと準備して欲しいと付け加えました。

10月14日に外国人旅行者について開放の予定となっているバリ州政府としては、隔離期間が5日間と短縮される事を歓迎するとしています。

ホテル隔離期間が5日間に短縮する決定は近々に発表される見込みですので、渡航へのハードルが少し緩和されるのは大変嬉しいことです。

隔離短縮発表を待ちたいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!