ガルーダ・インドネシア航空IATAトラベルパスを羽田線で試験導入!

Indonesia Travel

ガルーダ・インドネシア航空は、国際航空運送協会(IATA)が開発した新型コロナウイルス関連のデジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」を8月30日から9月13日まで試験的に導入すると発表しました。ジャカルタ―羽田便の乗客を対象に試験導入することになります。本日は、IATAトラベルパスについてお話したいと思います。

IATAトラベルパスとは

IATAトラベルパスは、世界の航空会社で構成される業界団体である「国際航空運送協会(IATA)」が開発した「デジタル証明書」アプリです。新型コロナウイルス感染拡大により、各国でさまざまな渡航要件を定めていますが、検査方法の限定や必要書類の有無など、正しい情報を入手することが難しいので、最悪は入国を拒否される事態となっています。

IATAトラベルパスを試用すれば、新型コロナPCR検査や、ワクチン証明書をデジタルで証明することで、渡航の可否を一括で管理することが可能です。また、空港でのチェックイン時にアプリを提示することで、スムーズな搭乗手続きをすることが可能となります。

世界の航空会社で試験導入を開始

ANAやJALだけでなく、シンガポール航空やカンタス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ・エミレーツ航空などが実証実験を行っています。

IATAトラベルパスと同じような仕組みのアプリは「コモンパス」、「VeriFLY」なども開発を進めています。

ガルーダ羽田線で試験導入

ガルーダ・インドネシア航空でのIATAトラベルパスの試験異運用ですが、ジャカルタ⇔羽田線GA874 / GA875便に適用するとのことです。インドネシアの航空会社では初めての運用となります。

試用期間は、2021年8月30日から9月13日まで。

実証実験は終了していますが、ANA、JALの取り組み参考にしてください。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202105/20210511-2.html

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/iatatravelpass/

IATAトラベルパスの紹介YouTube

本格的な導入に向けて

IATAトラベルパスの普及について、デジタルワクチン証明書の利用だけでなく、このアプリを利用して、顔の生体情報に基づいた認証システムに発展させて、搭乗券やパスポート情報を不要にしようとする取り組みに発展させたいと考えているそうです。

トラベルパスが、各国への入出国だけでなく、飛行機の搭乗の仕組みまで変えてしまうこともあるかもしれません。

全ての個人情報がデジタルで結びつき、パスポートを見せなくても携帯をかざすだけで海外に行ける時代もすぐそばに来ているのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!