【インドネシア】バリ島国際線受入開始!到着航空会社は?

Indonesia

インドネシアバリ島では国際線が本日10月14日から再開となりました。しかしバリ島に外国人観光客を受け入れする準備を進めてきましたが、再開に合わせてバリ島への国際線を運航する航空会社は、今のところ1社もない見込みです。

バリ島への国際線運航ないまま寂しい再開へ

待ちに待ったバリ島の再開となりましたが、バリ島への国際線運航する航空会社はまだ無い状態のようです。

本日の再開以降のフライトスケージュールでも10月14日~21日にバリ島への運航する航空会社は決定していない状況です。

確かに、10月のバリ(デンパサール)発着の直行便飛行機をスカイスキャナーで検索しても、1便もでてきません。せっかく再開となっても、すぐにバリ島を満喫させてはもらえないようです。

バリ島への運航1番乗りはどの航空会社になるのか、注目したいと思います。

隔離期間は5日に短縮

併せて、本日からインドネシアでの隔離期間が、8日間から5日間へと短縮となりました。隔離4日目にPCR検査結果が陰性であれば、5日目の朝に隔離終了となります。

バリだけでなく、ジャカルタなどでの入国でも隔離期間短縮は適用されるようです。

バリ島入国できる国は19か国

本日14日からバリ島入国できる国として19か国に増加したことが判明しました。

元々表明していた、

日本、韓国、中国、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、

に続いて、

サウジアラビア、クエート、バーレーン、カタール、インド、

リヒテンシュタイン、イタリア、フランス、ポルトガル、スペイン

スウェーデン、ポーランド、ハンガリー、ノルウェー

からの観光客が入国可能となりました。

19か国の適用は、バリ島とリアウ諸島が対象となりますので、ジャカルタなどの入国に関しては、すべての国が対象となっています。

バリ州としては受け入れ準備が整っていると強調

バリ島副知事は、バリが外国人観光客(観光客)を受け入れる準備ができていることを確認したと伝えています。

バリ島経済は、この新型コロナウイルス感染拡大により、観光セクターに依存しているバリの経済はマイナス9.3%であり、失業率は5.6%に上昇しています。

観光産業による経済損失は計り知れなく、観光客がいないと経済が成り立たない状態です。

今回、バリ島の外国人への開放は待ちに待った形となっていますので、ハードルは高いですが、観光の島として外国人観光客に来てもらっていち早く経済回復していきたいところでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます
下記バナーをクリックしていただけると励みになります
戻るボタンで、再度記事に戻れます

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!