Indonesiaに関する記事一覧


Indonesia

インドネシアの首都移転計画は2022年1月に国会で承認された歴史的なプロジェクトで、首都を現在のジャカルタからカリマンタン島東部のヌサンタラへ移転する予定です。この大胆な決断は、ジャカルタの過密状況、交通渋滞、大気汚染、地盤沈下などの問題に対処し、国内の経済格差を是正し新たな経済の中心を創出することを目的としています。 - パート 2

Indonesia

5年に1回の盛大なイベントとして、インドネシア全土が注目する大統領選挙が、2024年に再び幕を開けました。この年、約2億481万人という膨大な数の有権者が、世界で最も大規模な直接選挙に参加しました。経済政策や雇用対策など、国民の生活に直結する重要なテーマが争点となり、熱い議論が交わされました。 - パート 2

Indonesia

インドネシアでの大統領選挙は、単なる投票日を超えた、国民全体が参加するイベントです。その日、街中でよく見かけるのは、青や紫のインクを指に付けた人々。これらのカラフルな印は、ただのインクではなく、民主主義への参加という重要な証明として機能します。 - パート 2

Indonesia

いよいよ2024年2月14日から、バリ島の観光税がスタートします。これからバリ島を訪れる際には、新たに導入された観光税に注意が必要です。この税は、バリ島の自然と文化の保全に貢献するために導入され、すべての外国人観光客が対象です。詳細が明らかになりましたので、詳しく説明します。 - パート 2

Indonesia

インドネシアは、華人や華僑の比率が高い国として知られており、多くは儒教の教えに沿った生活を送っています。華人・華僑は、東アジア系の特徴を持つ顔立ちをしており、そのため多くの場合一目で識別することができます。しかし、顔立ちだけでなく文化や習慣、金銭感覚、職業観など、多岐にわたる面で他のインドネシア人と異なる点があります。 - パート 2

Indonesia

2024年現在インドネシアのパスポートでは世界中の78カ国にビザなし渡航にて足を踏み入れることができます。しかし、2024年1月の最新ランキングではフランス、ドイツ、イタリア、日本、シンガポール、スペインが194か国ビザなし渡航できる世界で最も強力なパスポートを保有する国になります。 - パート 2

Airplane Indonesia

インドネシアは多島海に点在する壮大な自然美と豊かな文化の宝庫です。その中でもバリ島は、「神々の島」と称され、世界中から旅行者を魅了し続けています。マカッサルからこのバリへ向かう旅は、ライオンエアを通じて経験しました。 - パート 2

Indonesia

たった1時間の空の旅で日常から離れたリラックスタイムを楽しむことができます。マカッサルからバリ島は飛行機で1時間ほどで移動できてしまいますので、週末や連休などの度にバリ島で滞在してリラックスすることが可能です。突然の思いつきでもバリ島の魅力を満喫できる地理的利点を活かし今回の旅行もその魅力を体験していきたいと思います。 - パート 2

Indonesia

インドネシアで特別な4日間の休日始まりました。その中心となるのが、ムハンマド昇天祭です。この日は、イスラム教の預言者ムハンマドが天へ昇ったとされる神聖な出来事を記念しています。 - パート 2

Indonesia

2024年、世界はインドネシアの動向に注目しています。なぜなら、世界第4位の人口を誇るこの国で、重要な大統領選挙が行われるからです。インドネシア政府は、高い投票率を確保するために、投票日を公休日に設定するなど、ユニークな取り組みを進めています。この記事では、その背景、主要候補者、そして国民の関心事について掘り下げていきます。 - パート 2